Zum Inhalt springen


まいにちいろいろ
好きなもの、仕事のこと、見たこと、聞いたこと


たまには褒めてもいいと思う。

私について考えてみた。
考えるということが私にとっては仕事のようなものでもある。
とにかく、いつも何かしら考えていないと落ち着かない、そんな性分だ。

とりあえず、人見知りの人間。
自分から話しかけて、きっかけを作るということが下手である。
同じゼミであったのに、1回生の時ある授業で一年間隣だった男の子と1年間殆ど会話をしたことがなかったという笑い話がある。
2回生になって別の授業で同じグループになり、話す機会が出来たが、驚くほど話しやすく、飲み会をしたり一緒にライブを行くほど親しくなった。
もっと早く仲良くなっていたらと思う出来事の一つでもある。
食わず嫌いの、そんな性格だ。

私の第一印象は、多分話しかけづらいのだ。
怒っているわけではないが、どうもとっつきにくいらしい。
仲良くなった人には、後から喋ってみると雰囲気が全然違うと言われる。

それから、お酒が意外と強い。
ビールや焼酎、赤ワイン、割と何でもいける口だ。
飲みすぎると、楽しくなる。
それでも、記憶はなくさない。
それはちょっとした自慢でもある。

歌うのが好きだ。
本を読んだり、文章を書くことも同じくらい好んでいる。
冷めた世の中に、もっと優しい音楽と言葉が溢れて、皆が幸せでいられたらいいと思う。
自分だけが楽しい世界は意味がないと本気で思っている。
ある意味、おめでたい奴だと思う。


とっつきにくいとは同年代の人から見た印象で、年上の人達からすれば意外とそうでもないらしい。
道を歩いていて、人に道や場所を尋ねられることがよくある。
なぜ私なのかよく分からない。
害がなさそうに見えるのか。

旅行に行っても、とにかく話しかけられる。
特におばちゃんからで、童顔ゆえ、頼りない学生に見えるのだろう。
とにかく、心配されたり、励まされたり、温かい言葉を貰ったり、悪い気はしない。
前にそれを友達に話したら、人柄がいいからだよと言われた。

優しくされることは、本当に嬉しい。
その分、もっと誰かに優しくありたいと思う。
心を尽くして、もっと明るい世の中にしたい。

神経質だけれど、頼りないけど、特別なことなど出来ないけれど、いつも誰かのこと、明日のことを想っている。
好きにはなれないけれど、誰より我慢し傷ついたことは認めてあげたい。
そんな人間である。

« 不眠が治ってきました – ちょっと前のドラマ鑑賞 »

作成者:
user
Date:
2014/06/22
Category:
nocategory
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。